愛知・大阪・東京のリサイクルショップ

中古オフィス家具・中古厨房機器のリサイクルショップ無限堂

※このページは『ブログ』です。掲載されている商品の在庫はサイトで御確認下さい。
東海中部の愛知、関西近畿の大阪、関東都心の東京などで家具家電・オフィス家具・厨房機器・機械工具・工作機械・事務機器などを取り扱っています。
飲食店経営者・企業経営者・独立開業希望・職人・経営プランナーの方にとって必要な道具・機械・機材・什器・備品等を、厳選したラインナップで取り揃えています。
新品も中古品も当店へ!費用無料の出張買取、無料お見積り、宅配買取などお任せ下さい!
■愛知店出張買取地域■愛知県・岐阜県・三重県、名古屋市内など
■大阪店出張買取地域■大阪府・京都府・兵庫県、大阪市内など
■東京出張買取地域■東京都・神奈川県・埼玉県、都心部や横浜など
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
大阪のリサイクルショップ
無限堂・大阪店
大阪府吹田市南吹田3-3-20

出張買取地域
名古屋のリサイクルショップ
無限堂・愛知店
愛知県小牧市外堀3-139

出張買取地域
東京のリサイクルショップ
無限堂・東京店
東京都町田市小川1735

出張買取地域

ケータイはこちらから
無限堂モバイルサイト

RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
BBS7.COM
MENURNDNEXT

 
シャープどっちもドア冷蔵庫SJ-HV42M-C【大阪の中古家電激安ショップ】
この商品は売り切れました。

庫内除菌イオンタイプ 5ドア冷蔵庫 SJ-HV42M-C






サイズ 幅685mm×奥行641mm×高さ1830mm
型番 SJ-HV42M-C
年式 2006年式
備考
●冷凍、冷蔵から保温、解凍まで…【1室8役】 冷⇔温 愛情ホット庫


 愛情ホット庫は、55/60℃で温かい料理を保温する機能をはじめ、冷凍機能、冷蔵機能や、冷気を吹きかけてあら熱を取る機能などを備えた切替室。
従来機では、保温時に上からのみ、温風を吹きかける構造になっていたが、新機種では輻射熱を利用し、下からも温める「ハイブリッド・ヒーティングシステム」を採用した。
 下からも温める構造にしたことで、食品の乾きの原因となるファンの風量を削減。
乾燥に弱いビタミンCの損失が約40%低減したほか、水分減少量も従来機比で約半分になったという。
また、愛情ホット庫を使った解凍機能を使用した際も、食品にムラなく熱を加えることが可能で、生肉などを痛めずに解凍できるとしている。

その他、素晴らしい最新機能が満載です。
メーカーページにてその性能をご覧下さい!


●暮らしに合わせて、我が家流に使える…冷⇔温 愛情ホット庫
●冷蔵室…間接冷却で、潤い長持ち
●冷凍室…約−40℃冷気で、おいそぎ冷凍
●野菜室…育ったままのタテ収納
●使いやすさ…左右に開く「どっちもドア」



それが無限堂ならなんと・・・
販売価格:¥81,900


参考URL:http://www.sharp.co.jp/products/kitchen/refrigerator/spec01/sjhv42mh/index.html


注1※商品は基本的に中古品です。新品は「新品」と表記してある物に限ります。
注2※更新日が古い場合、すでに在庫にない場合もありますのでご了承下さい。
注3※この商品は大阪店にしかありませんのでご注意下さい。


こちらの商品は無限堂・大阪店からのご紹介です。
現在の在庫状況は、大阪店の商品紹介ページにて直接ご確認下さい。

【大阪店】〒564-0043 大阪府吹田市南吹田3-3-20
TEL:06-6190-0550 FAX:06-6339-0744 営業時間・AM9:00〜PM7:00 木曜日定休




電話やメールで簡単見積り!出張無料査定もやってます!あなたの持ち物お売り下さい!

名古屋と大阪のオフィス家具・厨房機器・機械工具・家具家電の買取販売
リサイクルショップ無限堂



レビューコラム
家電製品レビュー シャープ「愛情ホット庫 SJ-HV42M-H」
〜「どっちもドア」と「ホット庫」で楽しく使える冷蔵庫
( by 家電Watch

 引っ越しを機に、冷蔵庫を買い換えました。左右両方から開ける「どっちもドア」、冷蔵庫なのに温められる「愛情ホット庫」など、多くの機能を搭載したシャープの「SJ-HV42M-H」です。

 30年近く前、私の実家ではなぜか両開きの超大型冷蔵庫を購入しました。25年も現役で活躍し続けましたが、引っ越しの際に業者がクレーン作業をミスして2階から落とし、木っ端みじんになるという派手な最期を迎えました。

 その後、200Lぐらいのごくシンプルな冷蔵庫を使っていましたが、引っ越しを機にちゃんとした冷蔵庫が欲しくなったのです。さすがに25年は持たないにしても、長いつきあいになる冷蔵庫だけに、カタログを見たり、ショップを見て回ったりしてやっと決めたのがこの「SJ-HV42M-H」でした。購入理由は、本体上部が両開きの一枚扉で、デザインがすっきりとしており、下部は野菜室と冷凍室が同じ大きさで、容量に余裕がありそうなところ。そして「愛情ホット庫」というほかにない機能の可能性に惹かれたのが、これを選んだ理由です。Amazon.co.jpでは139,430円で購入できます。

 実は、この機種に決める以前に、「そもそもこんなに大きな冷蔵庫が必要なのか」とパートナーともめました。引っ越し前に使っていた小型冷蔵庫でも、なんとか生活はできていたので、わざわざ買い換える必要はありません。しかし、そのときは大きくて新しい冷蔵庫が、新しい生活へのスタートに必須のアイテムのような気がして、これだけは譲れなかったのです。


気になる続きはリンク先で!
http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/column/2007/08/20/1186.html
コメント
コメントする(商品の問い合わせなどは御遠慮下さい)









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。